歯が命

芸能人は歯が命なんて言いますけど、それは一般人だって同じなんですよね。特に女性は気になりますよ。大きな声では言えないけど、私がそのタイプ。もう何年も前から歯の黄ばみが気になっていて、いろんな歯磨き粉を使ってみたり、おばあちゃんに聞いた昔ながらの方法とかまで試してみたんですけど、クリアな白い歯!とはいかないんです。そんな時、たまたまネットで出会ったプレミアムブラントゥース。使い始めてすぐに効果を実感することができました。朝の口の不快感がなくなったんです!それと同時に歯の白さも際立ってきました。自然由来ならではの優しい成分も気になっています。朝からすっきりした気分で過ごせて、しかも歯のホワイトニングもできるなんて、思い切って使ってみて本当によかったです。

以前は歯のホワイトニングなんて、女性のためのものという感覚でした。毎日歯は磨いているし、男が特別な手入れなんて…と思っていましたが、会社で受けたマナー講座で言われた話にちょっと衝撃。社会人として歯のケアができていないのはマナー違反!と。確かに口元の印象が悪いと、ビジネスシーンで仕事を一緒にする上でもマイナスポイントになりますよね。そうはいってもホワイトニング剤って女性向けの物がほとんどで、店では買いにくい。それでネット検索してたんですが、この商品の見た目もシンプルで歯磨き粉っぽくないところが気に入って購入しました。わざとらしい香料もなく、自然素材が心地よいです。口臭も気にならなくなって、仕事にも意欲的に取り組むことができています。

若い子に褒められました
このところの忙しさでゆっくり鏡をみることもできなかったのですが、ある日ふと、自分の顔が老けて見えちゃったんです。それであわてて、ファンデを明るくしてみたり、メイクを変えてみたり、メイクを変えてみたりしたんですが、どうもすっきりしない。ある時「歯が黄ばんできたからだ!」って気づきました。でも、歯医者さんのホワイトニングはとても資金が続かないし、研磨剤の入った歯磨き粉で磨くのもリスクが大きいし、と悩んでいたところプレミアムブラントゥースに出会いました。毎日鏡を見るたびに白さが増しているみたい。天然成分で安心なのと、植物由来の効果器に期待大です。最近、職場の男の子に歯、きれいですよねなんて言われちゃって、テンション上がっちゃいました。

歯の黄ばみで第一印象がマイナスになってる?

別に口臭がなくても、黄ばんだ歯ってそれだけで臭そうですよね。一緒に食事は抵抗があります。

接客業の方は気を使って欲しいかな。いくら愛想よくされてもちょっと…

僕の彼女、すっごくかわいいんですよ。でも歯がいつも黄ばんでて、そこが残念なんだよね。

タバコだけならいいんだけど、歯が黄ばんでると途端にその人がだらしなく見えちゃいます。

歯が黄ばんでいる人と、歯が白い人。同じ人でも笑顔の印象が全然違うんです。

・朝起きた時の不快感が嫌。一日のスタートを気持ちよく迎えたいと思っている。
・第一印象で差をつけたい!白い歯で好印象になれば営業成績もあがりそう。
・憧れの彼にアピールしたい!歯が白い方が断然かわいい!モテるはず!
・素直な笑顔になれない。つい、手で口元を隠す癖がついてしまった。
・歯が黄ばんでると、老けてみるみたい。季節外れのマスクが必須。
・話相手の目線が口元にある気がする。俺の張ってやっぱり?他人の視線が気になります。
・歯の着色汚れを気にしてコーヒーも控えてるんだけど…食事でも汚れるしケアしきれません。
そもそも、歯はなぜ黄ばむのでしょうか?

歯の黄ばみというのには様々な原因があるといわれています。虫歯や治療後の劣化、歯並びの悪さなど、クリニックだけでは治せない原因も多々ございますが、日々のケアで自然な白い歯をキープする方法というのはあるのです。まずは、歯の黄ばみがなぜできるのか?その原因を探ってみることにしました。

歯の表面についた汚れ
毎日のお手入れが完璧にできていれば問題ありませんが、疲れている日などにはなかなか難しいことですよね。歯の表面というのはつるつるとしたエナメル質とよばれる組織でおおわれています。その表面に汚れが付いたままだと、歯は黄ばんでしまい、口臭などのトラブルも起こりがちになってしまうのです。

食生活が原因で歯が黄ばむケース
代表的なところでは、コーヒー、紅茶、ワインなど。意外なお話ですが、健康に良いとされているポリフェノールが歯の黄ばみの原因になっているのです。強い抗酸化作用で健康維持には欠かせない成分ですが、歯の黄ばみという点では要注意。そのほかにも、味や色の濃い料理や食材自体も着色の原因になります。

歯石が付いている
毎日の歯磨きだけではなかなかきれいに落とすことができない歯石。そのままにしておくと、歯だけではなく、歯茎も汚く見えたり、口臭もあり、不潔な状態が続きます。歯石におおわれている歯はとても汚く見えて、その人の印象まで悪くしてしまいがちですよね。

タバコのヤニ
タバコをよく吸う人は、歯の黄ばみが気になるという方は多いと思います。表面にヤニが付着することで、黄ばみやにおいの原因になるのです。本人だけでなく、周りの人も実は気になっていることがよくありますね。

歯磨きのしすぎが原因
毎日頑張って歯磨きをすることで、逆に黄ばんでしまうことも。きれいにしたいからと歯ブラシで歯の表面をごしごしと強く磨いてしまうと、歯の表面に細かい傷がつき、その傷に汚れが付着しやすくなってしまうことがあります。

加齢による黄ばみ

歯の内側にある神経というのは、加齢とともに黄ばんできます。それを覆うエナメル質も歯磨きや歯軋りなど、時間とともに次第に薄くなるため、年齢が上がるとより歯は黄ばんで見えるのです。

健康的な白い歯をキープするためには、日々の地道な努力が不可欠なんです。

食事に気を付けることはもちろんですよね。着色しやすい食材は避ける、ワインやお茶など色のついた飲み物も要注意です。

食べたり飲んだ後は必ず歯磨きをする。常に口内の清潔を心掛けることは大切です。

コーヒー、タバコは我慢!
気分転換はガムを噛むなど、ほかの方法でしましょう。
正しいブラッシングで歯を磨く
間違ったお手入れはかえって歯を痛めてしまいます。

クリニックに通う
クリニックでホワイトニングをすると同時に、定期的な検診をしましょう!
ココナッツオイル

ココナッツオイルは、ココヤシの実から採れるもので、健康にも美容にも良いさまざまな効果があるといわれています。機能性食品としても注目されており、最近で各メディアに取り上げられ、ハリウッド女優がこぞって摂取していることでも知られていますね。ココナッツオイルの成分「ラウリル酸」には抗菌・抗ウイルス効果があり、様々な菌に対して働いてくれます。抗菌・抗ウイルス効果のある天然成分はいろいろあるのですが、ほとんどのものが強い刺激を持っていたり、味がおいしくなかったりする中、ココナッツオイルのように低刺激で、抗菌・抗ウイルス効果があるというオイルはなかなかありません。口に入れる成分として、この点は非常に優れているといえるでしょう。

飲むだけじゃない、お口の健康効果もいろいろ

ウーロン茶エキス

日本においても、今ではすっかり当たり前に飲まれるようになったウーロン茶。痩身や美容に効くのは有名ですが、実は口内ケアにもとっても有効なんです。食後にウーロン茶を飲むと、お口がスッキリするような気がしますよね。これはウーロン茶ポリフェノールが歯垢の付着を抑えてくれるからなんです。また、既についた歯垢もはがれやすくしてくれる。という効果もあるんです!さらに歯周病菌を含む口の中の最近も撃退する、という実験結果も出ていて、体だけでなくお口の健康も守ってくれる優等生な成分なんです。

渋み成分が菌を守ってくれる
茶カテキン

緑茶の主成分であるカテキン(渋みのもと)には、いろいろな微生物に対しての抗菌作用があることが知られています。特に歯周病の予防には、緑茶に含まれるカテキンが有効といわれています。カテキンの抗炎症作用が歯周病菌を抑えるので、歯周病予防だけではなく、虫歯予防にも効果的に働いてくれます。同時に顕著なのは殺菌作用で、口内の細菌が体内に入るのも防いでくれます。お茶の健康効果は有名ですが、実はオーラルケアでも大活躍。昔の人が食後にお茶を飲んだり、お茶でうがいをするのは、カテキンの持つ殺菌作用を経験によって知っていたのかもしれませんね。

パパイン

パパイヤは様々な健康効果を持つ、非常に機能性の高い果物。そのパパイアの果実乳液から抽出される、たんぱく質などの汚れに働く酵素がパパインなんです。歯の黄ばみは「歯の表面のたんぱく質」が結合することが原因の一つなのです。パパインはたんぱく質を分解する作用があり、歯に付着した汚れを分解して落としてくれます。オーラルケアのほか、安心な天然のホワイトニング成分として、石鹸や化粧品などにも広く使われています。

黄ばみの原因の一つである乾燥を防いだり、汚れを守るのに適している6つの植物性オイル

ヒマシ油
ホホバ種子油
スクワラン
オリーブ果実
カニナバラ果実油(ローズヒップ油)
マカダミアナッツ油

6つの植物性オイルで黄ばみの原因の一つ感想を防ぎ、汚れから守る

健康食品として注目されることの多いこれらの植物性オイルは、優れた効能があることから、食用をはじめ、スキンケア商品やマッサージオイルとして広く販売されています。また、抗菌・抗炎症作用に優れ、健康や美容への効果がとても高いことも知られています。安定性が高く、様々な効能があるとして、古くから親しまれてきました。天然の素材から作られる植物性オイルは、体にも優しく、毎日使い続けても影響のない成分だと考えられます。

お口の中を整える植物エキス16種類

植物エキスとは、植物に含有される有効成分を抽出して凝縮したものです。これらは古くから民間療法として生活に生かされてきた草木やハーブ類。おばあちゃんの知恵、お母さんのケアが脈々と受け継がれ今にいかされており、そういった昔からある知恵が見直され、多くの人から支持されています。天然の素材から作られるため、体に優しく、香りもさわやかなものが多いので、リフレッシュ効果も期待できます。

ホワイトニング商品の中で気を付けなければならないのは研磨剤です。

研磨剤は一時的に歯を削って白くするので、長い目をみると危険かもしれません。

研磨剤を使用した商品
研磨剤の入った歯磨き粉や磨くだけのものだと歯の表面に傷がついてしまうかも
傷ついた表面から汚れが入って定着し、黄ばみが増してしまう危険があります。

歯に付着した汚れを包み込んではがす商品を選びましょう。そうすると傷つける心配はありません。天然素材の力で汚れを寄せ付けないように歯を守ってくれます。
オイルプリングってなに?
インドの自然療法であるアーユルベーダ(自然のものを使った健康法)の一つです。植物性のオイルでうがいをすることです。オイルでうがい?ってぴんときませんが、いわゆるがらがらーっぺ!という感じはなく、口に含ませてくちゅくちゅゆすぐ感じのものです。オイルはごま油やオリーブオイルを使うこともあるようですが、今はココナッツオイルが人気あります。プレミアムブラントゥースにはココナッツオイルを初めて、自然由来のオーガニックオイルがふんだんに使われているので、オイルプリングにも最適です。

オイルプリングの素敵な効果

口の中の細菌が減る
口内の菌や細菌がオイルプリングで洗い流されて虫歯や歯周病になりにくくなると同時に、それらの菌が体の中で悪さをするのも防いでくれるのです。

歯のホワイトニング
食事や飲み物でつく着色汚れを防いで、歯の白さをキープできます。

お顔の引き締め効果
時間をかけてくちゅくちゅするので、顔筋肉トレーニングをしているのと同じ状態になります。白い歯と同時に、憧れの小顔もゲットできるかも!?

オイルプリングのやり方
はじめから20分もオイルプリングできる人はなかなかいませんよね。口周りの筋肉を想像以上に使うので、慣れるまでは相当大変ですよね。しかしオイルプリン具はリラックスしながら行うことが大切なので、ストレスにならないように無理はしなくていいのです。歯の表面裏側間奥歯から前歯まで隙間なくいきわたるように、舌をうまく使ってオイルを押したり引いたりするのがコツ!時間にこだわらず、口の中がきれいになっていくのをイメージして楽しむ範囲でやってみてください。